運動と免疫力

風邪

季節の変わり目まっただ中、皆さん元気お元気ですか?
もしや風邪などひいてませんでしょうか?
かくいう僕は、うっかり風邪をひいてしまい、ただいま鼻づまりとノドのイガイガに悩まされてます(;´∀`)

今回はそれから思いついたことを書きます。

免疫力を上げる


ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動をすると、四肢の筋肉が収縮して、末端の血流が促進され、心臓からも全身に温かい血液が巡って体温が上がります。

また、運動によって刺激が加わると毛細血管も発達して全身血流量が増え、基礎体温が上がります。

基礎体温が上がれば、免疫力が向上して風邪はもちろん、あらゆる病気のリスクを下げます。
身体の弱い人は免疫力が弱く、基礎体温も低い人が多いです。

体温が1℃低下すると免疫力が30%低下するとも言われています。
日々の運動を継続していくことは、免疫力の維持と向上につながります。

季節の変わり目に風邪をひきやすい人は、普段から軽い有酸素運動をしていると、確実に風邪を引きにくい体質を作ることができます。

さらに体温も上がるため、冬に寒いのが辛い人、冷え性も楽になります。

有酸素運動で体温を上げて体質を改善して、快適な冬にしましょう(^^)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする