筋肉の違い

筋肉の性質

今回は運動を始めたばかりの人、これから始める人のために人間の筋肉の性質の大きな違いと、トレーニング方法を紹介します。

筋肉は、大きく分けて赤筋(せっきん)と白筋(はっきん)の二つに分かれます。
その名の通り、赤筋は色の赤い筋肉、赤身部分。白筋は色の白い筋肉、白身を指します。赤筋が赤いのはミオグロビンという物質がたくさん含まれているためです。

赤筋は持久力に優れた筋肉で、大きな力は出せませんが、その分だけ持久性が高い性質を持ちます。反対に白筋は大きな力を出せますが、持久力に乏しい性質を持ちます。

スポーツで例えればマラソンなど比較的、同じ動きを長時間する競技ならば赤筋が多く必要とされ、重量挙げなど瞬発的に大きな力が必要とされる競技には白筋が多く必要とされます。

筋肉の違いを魚で説明すると、死ぬまでずっと泳ぎ続けるマグロの筋肉は、ほぼ赤身(赤筋)でできています。一方、普段はじっと砂に潜っていて、逃げる時には瞬間的にパッと跳び出せるヒラメは、ほぼ筋肉が白身(白筋)の魚です。

トレーニング方法

マラソンでパフォーマンスを上げていくにはやはり筋肉の持久力が必要とされ、そのトレーニングには長時間で赤筋に同じ負荷をかけ続けるトレーニングが必要です。
つまり、赤筋を鍛えるには低負荷でかつ、長時間のトレーニングが有効です。具体的にはジョギングや水泳が効果的です。

重量挙げでパフォーマンスを上げていくには反対で、白筋が瞬間的に大きな力が出せることが必要なので、トレーニングも大きな負荷を瞬間的かけるトレーニングが必要になります。
この場合はトレーニング時間も短くなります。具体的なトレーニングはウェイトトレーニングなどです。

疲れにくい身体づくり

皆さんがもし、日常生活で疲れにくい身体づくりを目指す場合は、赤筋を鍛えるトレーニングが大事です。
なぜかというと、日常生活では瞬間的に大きな力が必要な場面よりも、持続的に同じ動きを続けることの方が多いからです。
ずっと活動し続けることは、自分の体重を支え続けることで、そのために必要な筋肉は持久力に優れた赤筋なのです。

ですから、身体の持久力を上げたい場合はジョギングや水泳、自転車など低負荷で長時間行う有酸素運動をすることが大事です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする