おにごっこ

おにごっこは楽しい

小学生のころ、おにごっこをしたことを思い出してみてください。

じゃんけんで逃げる人と追いかける人を決めて、タッチされたら負け。

負けたら決められたろうやに入る「ドロケイ」とか、そのままそこに止まって動けない「こおりおに」とかいろいろやり方はありますが、走って逃げて、走って追いかけるのは同じ。

おにごっこって楽しいですよね。大人がやっても十分に面白いし、本気になる。

これはなぜなのかと言うと、やっぱり人間の本能的な喜びなんですよね。

大昔の私たちの祖先が、今夜の食料となる動物を追いかけ回して捕まえた喜びと、襲ってくる猛獣から走って逃げられて助かる安心感と喜び。

これが、おにごっこというゲームで再現されるんです。

走れば走るほど、脳は生き残りの喜びを感じて幸福になり、身体はもっともっと動けるようになろうと回復してより発達していく。

なにもスポーツでなくても、大人も楽しくおにごっこをやればそれが十分に運動になる。

有酸素運動はもちろん、ダッシュで走るときは無酸素運動になるし、助けたい味方がいればその戦略も頭で考えながら走るから、さらに脳を使う。

ふと、そんなことを思いました。

おにごっこををやろう!

大人のおにごっこ。想像してみたらすごく楽しそうなので、やるときは参加者募集します(^o^)
広い公園で迷惑のかからないとこなら大丈夫かな?大人のおにごっこ経験者も随時の募集中笑

ドロケイとかこおりおにとかを参考にしてルールも作ってけるといいのかな。